賃貸情報にある敷金とは何か

アパートやマンション等を借りるときに、敷金・礼金という文言が必ず記載されています。
ほとんどの賃貸物件を借りる際払わなければならない費用です。
敷金とは、いわば、預り金です。
預けるということですので、本来ならば明け渡しの際に返済されます。
しかし、物件・お部屋の掃除のためや修繕のために使われることもございます。
引っ越しで別の物件に移る際、最終的にハウスクリーニングが義務付けられている場合もあります。
ものを壊した、壁に穴をあけた、などの大きなこと、特別なことがない限りほとんど使われることはありません。
賃貸物件ですので、借り始めた時と同様の形で返さなければなりません。
そのために使われるのが、このお金だと考えればよいです。
部屋を賃貸する際、借りた時と同じ状態で返します、と約束するためのお金、これが敷金です。
初期費用として多くかかってしまいますが、最終的に部屋を出る際に結局出ていくお金ですので、必要な出費です。