賃貸時に払う敷金とは

気に入った物件が見つかり、いよいよ賃貸借契約を結ぼうという時に、敷金・礼金それぞれ家賃の何カ月分と記載されていて、契約締結時に初月の家賃と一緒に請求されたことがあると思います。
だいたい家賃1~2ヵ月分のことが多いです。
もちろん0円の物件も時々あります。
一体何に使われるのでしょうか。
目的としては、まず万が一、借主が家賃を滞納した場合、大家さんはこの敷金を家賃として徴収します。
他には、賃貸借契約が終了し、借主が引越して出ていった際に、契約書で約束した範疇を超えて破損があったりした際に、その修理費用に充当します。
何年も住めば壁紙や襖、障子は黄ばんだり剥がれてきたりするものなので、この張り替えは通常は大家さん側が負担することが多いです。
ですので、破損などなく、修理費用が掛からなければ、通常、大家さんから返金されます。
キレイにきちんと済めば敷金は通常戻ってきますので、引っ越し費用などに充当したりする人が多いです。